サッポロ一番みそラーメンの作り方

サッポロ一番みそラーメンの作り方

サッポロ一番みそラーメンは1968年に発売されて以来、未だにインスタントラーメンの王様に君臨しています。
ポピュラーに食されているものですが、厳密には正しい調理方法は意外に知られてはいません。

1.鍋は直径が16pを少し超えるくらいがベストです。
 四角に固まった麺が真っ直ぐ入ります。具材を入れても余裕で入ります。
2.水500tを鍋に入れ火にかけます。
 水は軟水がベストです。硬度が100以下であればミネラルウォーターでも大丈夫です。
3.沸騰したら麺を入れます。粉砕された壊れた麺の一部がありますが、全て入れます。
4.1分くらいはそのままにしておきます。
 無理にほぐしたりせず自然にほぐれるのを待っておきます。
5.3分間、煮込みます。ここで麺をほぐします。掻き回したりはしないように優しくほぐします。
6.火を止めてスープを入れ溶かし込みます。
 丼にスープを入れておいてもかまいませんが、入れる時に溶かし残しが無いようにかきまぜながらお湯を入れます。
7.もやしなどの野菜、卵、焼豚は自由にセットします。
 七味スパイスが付いてますが、最も使われる量をパックにしているだけです。
 好みでかけなくても良いです。足らなければ、家にある七味を追加しましょう。